インプラントとその治療概要とは

インプラントというのは総称で、体の中に入れる部材や機械のことです。例えば心臓ペースメーカーや美容形成で使用するシリコーン材料のことをいいます。しかし、一般的にインプラントというと、歯科の治療で行う治療を指すことが多いです。身体の中に部材を入れるという治療は大昔からあることがわかっています。顎に鉄などの金属を埋めて治療痕のある人骨が見つかっています。しかし、技術が急速に発達したのは現代に入ってからでしょう。歯科でいうインプラント治療は、歯がなくなった時に適用されます。全部の歯が無くなった場合だけでなく、虫歯で無くなった場合も同じです。後天的理由や先天的理由も関係ありません。簡単には、まず顎に土台となる金属を埋めて、その土台にに義歯を装着します。その土台には、安全性や強度といった点から、チタンやチタン合金が使用されています。この治療は、義歯の固定に土台を使っていますので、他の歯に負担をかけ無いことがメリットです。

京都のインプラント治療専門の歯科医

大阪のインプラント 自分の笑顔に自信がもてない…そんな自信を取り戻します。

患者様に安心して治療していただける環境作り

安心出来るさいたま市の歯科医

関連menu

更新情報

ボックス画像1

歯を失ってしまった場合、食事に大きな負担がかかってしまいます。そのため、歯医者さんで治療を受けて負担

インプラント治療について調べてきました。

ボックス画像2

1989年に厚生省と日本歯科医師会が、「80歳になっても20本以上自分の歯を保ち、生涯、自分の歯で食

インプラントは自然の歯と変わりません。

ボックス画像3

インプラントとは、歯を失った場合に代わりとなる、チタン製の人工歯根のことです。人工歯根を顎の骨に埋め

インプラントは土台になる骨が重要です。

ボックス画像4

歯を失うと、食べ物が制限されたり、発音障害・審美障害・口臭などの問題が生じます。インプラントは、失わ

料金だけでインプラントを選ぶのは危険です。

Copyright© インプラント All Rights Reserved.

インプラントとその治療概要とは