インプラントは自然の歯と変わりません。

1989年に厚生省と日本歯科医師会が、「80歳になっても20本以上自分の歯を保ち、生涯、自分の歯で食生活を送ろう」という「8020運動」が推進されました。食生活の多様化やストレス社会で、自分の歯だけで生涯を送ることは困難で、歯科医院の世話になる方が大半であるのが現状です。嫌いの病院の中で歯科医院は常に上位であります。あの匂い・あの音を聞くだけで体が震え、歯科恐怖症になる方もいるぐらいです。食後欠かさず歯磨きをしても虫歯になる人は少なくありません。歯を失った場合の処置法としては、クラウン・入れ歯・ブリッジがあります。当時の歯科治療の現場では、最高だった技術も過去のものになろうとしています。現在、歯を失った場合の最高の治療法はインプラントです。従来のクラウン・入れ歯などの欠点を補ったのがインプラントです。インプラントは見た目・噛み応えも自然の歯と変わりません。入れ歯やブリッジでは食べ残しのカスが付着しやく口臭の原因になっていましたが、インプラントでは自然の歯と同じような手入れで、口臭を防ぐことが出来ます。

sabu用置換

Copyright© インプラント All Rights Reserved.

インプラントは自然の歯と変わりません。