インプラントは土台になる骨が重要です。

インプラントとは、歯を失った場合に代わりとなる、チタン製の人工歯根のことです。人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定することで、自然の歯と見た目も機能もかわりません。歯を失った場合に従来までは入れ歯やブリッジなどが使われていましたが、これらの治療では、周りの健康な歯まで削らなければならなかったのですが、インプラントでは、顎の骨を土台としてしっかりと固定するため、周囲の健康な歯に支障を与えることがありません。歯科恐怖症という言葉があるように、虫歯でも歯科医院が怖くて長期間治療をしないで放置する方がいます。長期間放置されると、歯を保存して治療を行うブリッジやクラウンが出来なくなります。この場合、歯が虫菌で侵され、歯根には膿がたまっていることが多く、抜歯することが多くなります。抜歯直後は顎の骨に穴が開いている状態になりますが、約5か月ほど経過すると骨が再生され、インプラント(人工歯根)を埋めることが出来るようになります。

sabu用置換

Copyright© インプラント All Rights Reserved.

インプラントは土台になる骨が重要です。