インプラント治療について調べてきました。

歯を失ってしまった場合、食事に大きな負担がかかってしまいます。そのため、歯医者さんで治療を受けて負担をなくすようにする訳ですが、そのための治療方法には大きく3つに分かれています。1つ目はブリッジという方法です。この方法は固定式のため装着感はありませんが、両端の健康な歯を削る必要があります。また歯を支える歯根が通常より少ないので負担が大きくなってしまいます。2つ目は入れ歯の方法です。通常よく使用されている治療方法ですが、入れ歯の装着時に異物感を感じる事があります。また歯茎で支えるため、長期の使用で大きく負担がかかってしまいます。そこで、最近注目されている治療方法としてインプラント治療があります。インプラント治療とは、歯を失ってしまった場所にチタン製の人工歯根を植え付け後に人工歯を取り付ける方法です。ブリッジ治療や入れ歯の欠点を見直して、天然の歯と変わらない状態にする事が出来ます。保険適応外で治療費が自己負担になってしまうという欠点はありますが、長期に渡って自然の状態で食事をする事が出来るので、治療費以上のメリットを味わう事が出来ます。またインプラントは時間が経過すると顎の骨と結合するため、歯を支える力が衰える事がなく安心です。もちろん外見も機能も天然の歯と変わらない感覚です。長年使用していく大切な歯の治療には、インプラント治療を是非お勧めします。

sabu用置換

Copyright© インプラント All Rights Reserved.

インプラント治療について調べてきました。